キャリアカラー

CAREER COLOR

アイプロテクション

HOYA独自の短波長光を軽減してコントラストの効果を上げて、より快適な視界で見る事できるカラーです。

青色光を抑えて、色の明暗がよくなり見ることを楽しむカラーレンズ

最近では、パソコンや携帯端末、液晶テレビやLED照明などが発する青色光(ブルーライト)。便利になったぶん、眼の負担が増え続けています。キャリアカラーは、まぶしさやチラツキ、青色光を抑える眼にやさしい機能レンズです。

まぶしさ、チラツキ、青色光を抑制。カラーレンズで眼にやさしい。

パソコン、モバイルを楽しむために

パソコン、モバイルを楽しむために

パソコンや携帯端末。夢中になるほど、見つめ続けてしまいがちですね。キャリアカラーが青色光を軽減して、楽しい毎日をサポートします。

ドライブ、オフタイムを楽しむために

ドライブ、オフタイムを楽しむために

太陽光からの紫外線をカット。色の明暗もよくわかる。キャリアカラーの見やすさが、気持ちのいい毎日をサポートします。

くつろぎの時間を 楽しむために

くつろぎの時間を楽しむために

LED照明や液晶画面からも青色光は発散しています。キャリアカラーで、眼もリラックス。さわやかな毎日をサポート出来ます。

HOYAのキャリアカラー「アイプロテクションレンズ」見て楽しく、見られてオシャレ。
キャリアカラーが明るい毎日をサポートします。

パソコン用に

外出用に

コチラの比較写真は、見え方をわかりやすくしたイメージですので、見え方には個人差があります。

装用時の見え方には個人差がありますので、大阪の老眼専門店、健眼眼鏡MIERU(ケンガンメガネミエル)で体感をして下さい。

カラーバリエーション

フルカラー

カラーバリエーション:フルカラー

NEWグラデーション

カラーバリエーション:グラデーション

短波長光をカットするレンズについて

遠方からの光をプリズムで分光しますと7色のスペクトルになります。 これは、媒体の屈折率が光の波長によって異なるからです。

スペクトル

1.シャープに見えます

眼に入射してくる光に対しても、上記と同様のことが言えます。
黄緑色の光(555nm)は網膜上に結像した場合、黄緑色光より短い波長(例えば青)は網膜手前で、長い波長は(例えば赤)は網膜後方に結像します。網膜に焦点を合わせて見ているようでも波長によって焦点距離に差が出てくることになります。
このようにすべての光を網膜上に結ばせることはできません。短波長光をカットするレンズを装用した場合、その焦点距離の差が小さくなるのでシャープに見ることができます。

2.チラツキ感が減少します

一般的に短波長光は散乱されやすくチラツキの原因となると言われています。
この短波長光がカットされるとチラツキ感が減少します。

3.コントラストが向上します

短波長光を500nm位までカットするようなレンズには青色光の透過が抑制され、
明暗の差がはっきりとした見え方になります。

  • HOYAのキャリアカラー「アイプロテクションレンズ」は遮光保護具や保護メガネとは異なります。
  • 濃度によっては夜間運転不適合の場合がありますので、詳しくは店頭でお尋ねください。
  • レンズの画像はイメージです。実際とは異なります。
  • 装用時の見え方には個人差がありますので、大阪の老眼専門店、健眼眼鏡MIERU(ケンガンメガネミエル)で体感をして下さい。

 まとめ

HOYAのキャリアカラー「アイプロテクションレンズ」は、レンズをただ染色したレンズと違いオシャレに青色光から眼を守ってくれてリラックスさせてくれます。

見て楽しく、見られてオシャレなキャリアカラーで明るい毎日をサポートしてくれます。