レーザー溶接によるフレーム修理

 レーザー溶接によるフレーム修理について

お預かりしてから最短5日間でお渡しが可能です。

  • 最新テクノロジーレーザーを用いて、仕上がりの綺麗な修理を行います。
  • 基本的にレーザーで金属の接触面を溶かして溶接いたします。
  • 異種金属(チタンと金、ベータチタンとチタン、その他)の溶接も可能です。
  • 溶接時間が1回1000分の数秒なので周辺部位への影響はありません。
  • 直径0.2㎜のスポットによる局部的な溶接により、細部加工に最適です。

修理対応内容について

合金ロー付け / チタンロー付け

ピンポイントで部品どうしの溶接ができ、熱によるカラーの焼け、七宝などへの干渉がほとんどなく、必要最小限の修理痕に抑える事ができます。又、部品交換をした時など熱干渉が少ない事により、部品の強度を損なう事はありません。

丁番切れ、ナイロールなどのリム部分のクラックなど多様な修理にもピンポイントで修理ができ、チタン特有の前処理工程の必要がなく、時間と費用の節約ができます。

日数 5日間~   費用 ¥6,000-(+tax)~

オプションパーツ・添え木

リム切れなど負担のかかる部分の修理には強度を上げるために添え木が必要となる場合があります。前から見ると目立ちませんので、見た目がきれいです。

金枠ロー付け

素材の風合を損なう事なく、ピンポイントでキレイに仕上げる事ができます。