老眼鏡は医療機器だってご存じですか?

老眼鏡などの眼鏡は本来

医療機器にあたるので使用には注意が必要なんです。

 

お客様の眼鏡などの度数を決める時には

眼科医や眼鏡士に使用目的や見る距離など

お困りの内容を度数の検査をしてくれる人に伝えるようにしましょう。

 

たとえば、1日中コンピュータを見ている

本を読む時だけパチンコをするときに運転

ゴルフなど、姿勢が良い・悪いなどなど上げればキリがありませんね。
当健眼眼鏡MIERUでは、経験豊富な眼鏡士による

お客様の眼に快適な眼鏡を作る為の検査と提案をします。

 

本を読むだけなら単焦点レンズを使い

コンピュータ事務の時は近々レンズを使うのが便利です。

 

また、家の中で掛けたままなら中近両用レンズが使いやすいでしょう。
老眼鏡のレンズは種類や設計が使う方によって様々なんですね。

レンズメーカーもHOYA・SEIKO・NIKON・東海光学などあります。
眼鏡士が実際に使用して良い点・悪い点を経験し

お客様のお話を聞いて最も快適に見える眼鏡をお作りします。