よく見える老眼鏡を購入する方法【オススメのレンズ選びを伝授!】

よく見える老眼鏡の購入するには使用される用途やライフスタイル異なりますので自分に合ったレンズを選ばないといけません。「そろそろ老眼かな」と感じている初心者の方も、「老眼鏡は持っているけど以前より見にくくなった」と感じている使用中の方も、自分に合った老眼鏡のオススメのレンズ選びをご紹介いたします。

近用単焦点レンズ

昔からあるお手元専用の老眼鏡レンズです。用途は、本や新聞を読んだり、パッチワークや模型製作などの細かい物を見るのに便利です。近くを見る中で上で一番鮮明な見え方を得られるのが「近用単焦点レンズ」ですが、少し離れたり遠くを見るとぼやけて見えてしまいます。老眼鏡を初めて購入される方は近用単焦点レンズが多いですね。最近は、ネット販売や雑貨店などで、手軽に購入できる既製品の老眼鏡もありますが、左右同度数のレンズで自分に合った目と目の距離とは異なりますので長時間近くを見られると余分な眼精疲労を起こす可能性があります。

近々レンズ

最近のお手元事情に合った老眼鏡レンズです。用途は、手元の資料を見ながら、同時にパソコンのキーボードやモニター画面に視線を動かすといった、デスクワーク特有の眼の動きに適したレンズです。近用単焦点レンズの老眼鏡を着用されていて、「パソコン作業などのデスクワークが多く、目が疲れやすい」とお悩みの方は、近々レンズを使用した老眼鏡をお試しください。近用単焦点レンズと違い手元に奥行き感が生まれてモニターなどに近づいて見る仕草はなくなりますよ。

中近両用レンズ

お手元専用の老眼鏡より屋内の3~4メートル程度の範囲をカバーすることができるので「屋内用メガネ」「室内用メガネ」とも呼ばれています。用途は、室内でテレビを見る・掃除をする・料理をする、あるいはオフィスの会議室で資料を見ながらホワイトボードやプロジェクターを見る、またカラオケルームでモニター画像の歌詞を見るという視点の動きに対応出来るレンズですね。遠くを見るとき、また外出される時はメガネをはずすか遠近両用など別のメガネにかけかえる必要がありますが、室内にいる場合に遠方を見る必要性があるケースはあまりなく、メガネをかけかえる頻度は少なくてすむでしょう。

遠近両用レンズ

外室された際にメガネをかけ外しがいらないレンズ遠近両用レンズは、スポーツやドライブなどの遠方を見る時はもちろん、テレビを見たりパソコンや読書をしたりなど様々なシーンで対応出来ます。何より面倒なメガネのかけ外しが不要となります。ただし、レンズの上から下にかけて、遠用→中間→近用と度数が徐々に変化する仕組みとなっていて、視線の使い方に慣れるまでには少し時間がかかります。
また、近くを見る時の視野が狭いこと、レンズ下方を見る際に目や首の姿勢に無理が生じることから、読書やパソコンなど、近距離での長時間作業にはあまり適していません。最近では、遠近両用レンズの中でも、「中近重視タイプ」といって、読書やパソコンなど手元を見る時間の長い方向けのものも出てきています。このタイプの遠近両用では、従来の遠近両用よりも、手元の視野が広くなっています。
さらに、「遠用重視タイプ」といって、遠くの視界がよりワイドに見えて、ドライブに適したレンズもあります。ご自身のライフスタイルにあったものを選ぶ必要があります。

異なる距離が一つのメガネでみえる累進多焦点レンズ

近用単焦点レンズ以外の、これまでご紹介してきた近々レンズ、中近両用レンズ、遠近両用レンズはすべて「累進多焦点」のタイプのレンズになります。「境目のない遠近両用レンズ」とも言われています。
以前の境目のある「二重焦点」レンズと異なり、さまざまな距離に焦点が合う累進帯とよばれる中間の度数を持ち、この累進帯 が徐々に変化することで一つのメガネで遠くも近くも、また中間の距離も見える構造になっています。

自分にあった度数を選ぼう

既製老眼鏡の度数は+1.00から始まり、左右の度数は同じになります。正確に老眼鏡の測定行うと片眼が+1.00以下の場合もあります。以下は、年齢による老眼度数の目安です。進行度合いによって個人差がありますので、あくまでご参考となります。またその方が近視か遠視または乱視によって同じ年齢でも度数は異なります。

老眼の年齢別度数の目安表

40~45歳・・・+1.00 ~ +1.50

45~50歳・・・+1.50 ~ +2.00

50~55歳・・・+2.00 ~ +2.50

55~60歳・・・+2.50 ~ +3.00

メガネを購入するなら、正確に測ってから

どのタイプのレンズを選ぶ場合でも、ご自身のレンズ度数を把握しておくことが大切です。必ず眼科もしくはメガネ専門店で正確な数値を測定してもらいましょう。度数の合わない老眼鏡は、眼精疲労だけではなく、偏頭痛や肩こり、さらには腰痛に至るまで体のあちこちに症状を引き起こす場合があります。初めて購入を検討されている場合は、眼の病気による視力低下でないかのチェックと合わせて、眼科医の診断をお勧めいたします。また、右眼と左眼の度数が異なることもあります。その場合、既製品など左右の度数が同じメガネをかけていると、片方の目に負担がかかることになり、疲れ目や眼精疲労の原因となってしまいます。

まとめ

老眼の初期には手元用の単焦点の老眼鏡が1つあれば十分ですが、加齢とともに近くも遠くも見えづらくなりますので、仕事も趣味も快適に過ごすために、読書用の単焦点・中近用・遠近用と複数を使いこなすのがオススメのレンズ選びのなります。暮らしや仕事など、日々の利用シーンやライフスタイルなどの詳細をスタッフに伝えて、ご自身の視生活にマッチした老眼鏡を作るのが良いですね。

100均の老眼鏡では見えない【正しい眼鏡の選び方!】

100均で老眼鏡は見えないという方へ正しい眼鏡の選び方をお教えいたします。本当に見える眼鏡を選ぶなら100円ショップで買ってはいけません。既製品で買うよりも正しく眼鏡専門店で視力測定をして、自分に合ったフレームとレンズを選ぶことが大切です。本当に正しい眼鏡の選び方を伝授いたします。見えない生活より見える生活で快適なアイウェア生活を過ごしましょう。

100円ショップや既製品の老眼鏡はなぜ売れるのか

100均(100円ショップ)や既製品の老眼鏡(シニアグラス・リーディンググラス)は、非常に低価格でお手軽に購入出来ます。「まだ見えるから大丈夫」けど、とりあえずお試しで買った方の理由は、

  1. 100均や既製品の老眼鏡は簡単に買える。
  2. 圧倒的に値段が安い。
  3. 失敗しても安いから後悔しない。

といった理由が多いです。

数本購入して使用したい場所に置いて、既製老眼鏡を使用される方もいらっしゃいますね。乱雑に扱って破損したとしても、修理するより断然新しい既製老眼鏡を購入した方が安い!!それなら眼科や眼鏡店に行ってまで高い老眼鏡を購入せずに百均や既製品の老眼鏡を買われる方が多いですね。

百均や既製品の老眼鏡のメリットとデメリット

既製老眼鏡とオーダーメイドの老眼鏡とは見た目は、ほとんど変わりませんが値段はビックリするほど違います。
既製老眼鏡を使用されるメリットとデメリットをご紹介いたします。

百均の老眼鏡のメリット
  • すごく安くて購入出来る。
  • 100均・通販・ホームセンター・雑貨店などでも手軽に購入出来る。
  • 老眼鏡を使いたい場所に一本一本置けるくらい安い。
  • 潰れても修理するより、買った方が安い。
  • バリエーションが豊富にある。
  • 視力測定をしなくていい。
百均の老眼鏡のデメリット
  • 目と目の距離(PD)・老眼鏡の度数が大まかな設定しか無い。
  • 顔に合わす事が難しいので、老眼鏡の当たる鼻や耳の部分が痛くなったり、老眼鏡がずり落ちたりする。
  • 稀に、粗悪な金属や素材を使用しているので、アレルギーを起こしてしまうことがある。
  • レンズは、安い素材使用しキズなどが付きやすく、コーティングがされていないレンズがある。
  • 長時間使用していると、眼精疲労などをおこし逆に疲れてしまう。
  • 度数を合わせていないので長時間使用すると、疲れる。気分が悪くなる。頭痛をひきおこすこと。
  • 度数の合わない眼鏡をするのでストレスが溜まる。
  • 左右差の度数を合わすことが出来ない(左右の眼の度数が必ず同じとは限らない。)

百均や既製品の老眼鏡が眼に合わない方の原因

既製老眼鏡は大量に同じ老眼鏡を作るため、個人ごとに合わせて目と目の距離やレンズの度数を考慮して作られていません。稀にピッタリと合う方もいますが、基本的に体格も皆様異なりますので目と目の距離や老眼鏡の左右の度数も違ってきます。既製老眼鏡を使い始めたからの数分間は見えるのですが長時間使用されると個人に合わさない分だけ疲れが出て眼精疲労などを起こしてしまいます。既製老眼鏡は雑貨のように扱われているので、購入時のお顔に合わせるなどの調整やアフターフォローを受けることが難しいので、老眼鏡がずり落ちたり、お顔に合わない状態で使用していると見ているものが気づかないうちに歪んで見えるので疲れてしまうことがあります。

既製品の眼鏡を使用し続けたらこうなりました

既製老眼鏡を使うと何も使用しない裸眼よりは見やすいと思います。
拡大鏡のように一時的に使うならトラブルは少ないですが、長時間の既製老眼鏡を使い続けるとトラブルが出てきますね。自分の目と目の距離に合っていない為に、見ている物の位置が本来の場所からズレていると脳が修正してくれます。その時間が長ければ長いい程、脳や神経などが疲れてきて眼精疲労などを起こしたりします。

既製老眼鏡では両目とも自分に合った度数は難しく、比較的あっている目で見て反対の目は度数が合っていないので疲れてしまいます。

眼は必ずしも左右同じように見えているとは限りません。右目は右目の視力、左目は左目の視力が必ずあります。

それに合わせた度数でレンズを選ばないとピッタリとは見えません。

予防と対策としてメガネ専門店で老眼鏡を作ろう!

老眼鏡の選び方は靴選びとよく似ております。

例えば自分に合わない靴を履いていると、靴擦れを起こして足が痛くなったり、歩き方が変になったり、ストレスを抱えます。
メガネ選びも同じです。自分が見たい物の距離や見る角度に合った度数のレンズを選び、自分のお顔の形状に合ったフレームを選ぶことにより、眼精疲労も軽減してより長時間老眼鏡を快適に使用することが出来ます。
眼科で処方箋をもらったり、眼鏡専門店でちゃんと見てもらい自分に合った老眼鏡を作るのがいいですね。

メガネ専門店で眼鏡と作ったメリットとデメリット

専門店の老眼鏡のデメリット
  • 値段が高い。
  • 出来上がるまでに日にちがかかる。
  • 視力測定をしないといけない。
専門店の老眼鏡のメリット
  • よく見える。
  • 自分に合った老眼鏡を作ってくれる。
  • 視力測定をするので自分に合ったレンズ設計を提案してくれる。
  • 左右のバランスが良い見え方が出来る。
  • 目と目の距離(PD)をキチンと計ってくれる
  • 顔に合わせたフレームなので眼鏡がズレ落ちるリスクが少ない。
  • 疲れない。(眼精疲労のリスクが少ない。)

最新の老眼鏡には様々なレンズの設計があります。

昔からの老眼鏡・近近メガネレンズ(デスクワーク用メガネレンズ)・中近メガネレンズ(室内用メガネレンズ)・遠近メガネレンズなど、その中にも様々なレンズの設計があります。デスクワーク用メガネでもノートパソコンの方とモニター画面をいくつも並べる方とでは、見る距離・見る角度・見る高さなどが違います。

その方に合ったレンズの設計やレンズ度数を決定するために、いろんなお話しお悩みを何でもを聞かせてください。

詳しい老眼鏡レンズの種類はコチラ

長時間掛けても快適でおしゃれなフレームがあります。

老眼鏡でメガネのフレームを選ぶならば、軽い、軽量なフレームを選ぶことをオススメします。

なぜ軽い眼鏡を良いのかと言いますと、軽くなればなるほど、顔にかかる重量が軽減されるからです。

当店では眼に優しい快適なフレームを使用してもらいたいのでリンドバーグを推奨しております。

軽い、丈夫、おしゃれな、LINDBERG(リンドバーグ)メガネフレームです。
LINDBERGフレームの重さは1.9gからあり形状は、ネジを一本も使わず医療用チタンやシリコンなどを使用して独特の設計で、作られているのでお鼻にフレームの後が付きにくく、耳の後ろも痛くなりにくいので快適に掛けることの出来るフレームです。
世界のアイウェア業界で国際的なデザイン賞を受賞し、最高のデザイン・ブランドと認められています。

詳しいLINDBERG(リンドバーグ)はコチラ

正しい老眼鏡選びのまとめ

左右の目で度数の違うことが多いのです。さらに、度数の問題だけではなく老眼鏡をかけたときに、目とレンズとの中心がきちんと合っている必要があります。このように考えると、百均や既製品の老眼鏡は左右の度数は当然同じですし、レンズの中心も決まっているのできちんと合うことはなかなか難しいですよね。百均や既製品の老眼鏡を日常で気軽に使ってしまうと、知らず知らずのうちに 目の疲れや頭痛、肩こりなど眼精疲労の原因にもなります。百均や既製品の老眼鏡は居間や台所、寝室など数か所に置いて、ちょっとしたものを短時間見たり、読むときに使う場合には便利なものです。
長時間使用する老眼鏡は百均や既製品の老眼鏡ではなく、眼科や眼鏡店できちんと度数を見てもらい自分に合った老眼鏡を選ぶのが良いですね。

大阪老眼鏡専門店mieru(ミエル)では常に快適に掛けれる老眼鏡を考えております。

100均で買った老眼鏡で満足いかないお客様は一度、メガネ専門店で度数を測定してもらいご自身の眼の度数に合った眼鏡でトライしてみましょう。

大阪老眼鏡専門店 健眼眼鏡MIERU(ケンガンメガネミエル)

ガーデニングやカラオケは中近両用眼鏡がとても見やすい!!

室内用レンズの中近両用が評判がいいんですよ。

40歳前後になるとお手元が見づらくなるので老眼鏡や遠近両用を掛けられますが老眼鏡では、手元は見えるが少し離れた所や遠くが見えない事がありますね。
遠近両用眼鏡では、遠くは見えるが手元の見える範囲が狭いなどがありますが、眼鏡は万能ではありませんので、このような方には中近両用メガネがオススメなんです。

なぜ、中近レンズなのか

昔ほど、日常生活で遠くがしっかり見えないといけない時間は減って来ました。
お仕事・家事・趣味・ショッピングなど、室内で過ごす時間が多くなって来ています。

そうすると、パソコン画面を見たり、ガーデニングやカラオケやパチンコなどをなさる時にメガネの掛け外しが多くなりますが、ガーデニングでしたら、35cm~80cmぐらいです。カラオケなら35cm~2mぐらいになるので遠方部分を遠近両用より狭くして中間・近用部分を広くしている中近両用が快適にご使用出来ますね。

中近両用の設計とは

遠近両用の遠方が見える部分を減らして、中間・近用部分を広く設計されているので遠近両用よりお手元が広くて見やすく遠近両用ほど下目で見なくても近用部分が見える。
足元の違和感に関しても遠近両用ほど極端な揺れが無いため慣れやすい。

 

※中近両用も遠近両用も累進レンズの為、単焦点レンズ比べると独特の違和感はあります。

一般的なパソコンやモニター画面をみた時の眼精疲労について

  • 継続的に近くを見ることによる調整疲労
  • メガネなどの矯正視力による調整疲労
  • コントラストのちらつきからくる疲れ
  • 画面から発生する紫外線などからくる疲れ
  • 画面からの外光反射などからくる疲れ

対処方法は、画面などを見すぎて眼精疲労を起こさせないのが一番ですが、中々難しいので見たい物の、距離・高さなどを考慮して適切なレンズの度数の設定を行い環境に合わせた、レンズコーティングやカラーを選び対策するのが良いですね。

中近両用眼鏡を検討されている方やもうすでに使用中の方へ

長時間パソコンをされる方は、遠近両用よりも楽に見ることができますので眼精疲労も確実に低減します。
ご注意点としてはパソコン画面を見られるときはわずかですがあごを上げられるとより見やすくなりますね。
手元が遠近両用タイプよりもしっかり見えるので、良いことかわかりませんが長時間のデスクワークも快適になります。
メガネフレームの形状は、33mm以上あるものを選びましょう。

かけてすぐは遠近両用メガネとの見え方の違いが違和感のように瞬間感じますが、すぐに慣れます。
顔を真正面を見たまま動かさず、若干あごを上げたり引いたりさせることでレンズの焦点距離をご確認ください。
次に同じく顔を動かさず視線だけを上下左右移動させ自分が最も楽に使える感覚をおつかみください。
外出など部屋から出られる場合は、遠近両用タイプにかけかえる癖をつけましょう。
室内ではメガネたてのようなものがあると便利かもしれません。
中間よりも先が見えるからと言って、階段の昇り降りや車の運転・外出時には危険ですから使用しないでください。

まとめ

各レンズメーカーが中近両用だけでも、様々なレンズ設定がありますねので、店頭にてお客様のご希望をお聞かせ下さい。
お客様のご希望に合った設計を複数ご提案させて頂きます。

是非この機会に、大阪の老眼専門店、健眼眼鏡MIERU(ケンガンメガネミエル)の中近両用をお試しください。

老眼になってしまう仕組み教えます。

誰でもなる老眼!!

年齢を重ねると避けては行けない老化現象です。
体力の低下や、お肌のシワやシミ等、若い頃は・・・なんて事。
皆様が、順番に経験していく事ですね。

眼の老化現象である老眼です。

多くの方は40歳前後から気になり始めます。

眼が疲れやすく、小さな文字が霞んで見づらいといった、日常生活に支障をきたす老眼ですがどのような仕組みで起こるのでしょうか。

お手元などを見ようとすると、眼の中の水晶体が厚みを変化させてピント調整して見ています。

水晶体は年齢を重ねるごとに弾力性が弱くなり、硬くなってしまいます。

更に、水晶体を動かす筋肉も衰えきます。

若い頃は出来ていた事が出来なくなる老化現象、お手元などを見えていたのに見えなくなるのが老眼ですね。

老眼は年齢を重ねると誰でも起こります。

症状に個人差はありますが、避けて通れない老眼ですからやせ我慢しても辛いだけなのでお気軽にご相談ください。

 

初めての老眼鏡

老眼は避けては通れない目の老化現象でなんです。

昔は感じ無かった。疲れ目、かすみ目、頭痛、肩こり、夕方になるとものが見えにくくなる、細かい字が見えにくいなどの症状ありませんか?

それが、老眼というモノなんです。

なかなか認めたくない、老眼ですが誰もがなる症状です。

老眼をサポートする眼鏡が<老眼鏡>です。

最近では、老眼鏡もお洒落になり<シニアグラス><リーディンググラス>とも呼ばれております。

「見たい」が「見える」で、なくてはなりません。

適切な老眼鏡なら、老眼鏡が原因で老眼が進む事はありません。

100均やホームセンターなどで、度数が「+1.00」「+1.50」「+2.00」と書かれた既製老眼鏡が販売しております。既製老眼鏡はあくまでも一時凌ぎでの使用は構いませんが、左右の度数が同じ・眼と眼の距離が平均値で作られているので、長時間の使用は目が疲れてしまったり、さらに頭も痛くなります。

左目と右目が同じ視力ではないですし、乱視の方もいらっしゃいます。

長時間のパソコンでの作業、本を読む、細かい作業。

目的に合わせた検眼をして、自分に合った初めての老眼鏡を作るのが大切です。

そして、目の老化現象は10歳頃から始まり70歳頃まで進むといわれています。

老眼の症状が現れる40歳代近くまで、長い年月をかけて徐々に進むため気づきにくいですが、我慢することは、さらに目や体への負担となってしまいます。

 

あなたの用途に合わせた初めての老眼鏡をお作りましょう。


手元用の近々専用眼鏡から、中近専用、遠近両耳まであなたの使うシーンに合わせた眼鏡をお作りいたします。

「見たい」が「見える」大阪老眼鏡専門店 健眼眼鏡「MIERU」