よく見える老眼鏡を購入する方法【オススメのレンズ選びを伝授!】

よく見える老眼鏡の購入するには使用される用途やライフスタイル異なりますので自分に合ったレンズを選ばないといけません。「そろそろ老眼かな」と感じている初心者の方も、「老眼鏡は持っているけど以前より見にくくなった」と感じている使用中の方も、自分に合った老眼鏡のオススメのレンズ選びをご紹介いたします。

近用単焦点レンズ

昔からあるお手元専用の老眼鏡レンズです。用途は、本や新聞を読んだり、パッチワークや模型製作などの細かい物を見るのに便利です。近くを見る中で上で一番鮮明な見え方を得られるのが「近用単焦点レンズ」ですが、少し離れたり遠くを見るとぼやけて見えてしまいます。老眼鏡を初めて購入される方は近用単焦点レンズが多いですね。最近は、ネット販売や雑貨店などで、手軽に購入できる既製品の老眼鏡もありますが、左右同度数のレンズで自分に合った目と目の距離とは異なりますので長時間近くを見られると余分な眼精疲労を起こす可能性があります。

近々レンズ

最近のお手元事情に合った老眼鏡レンズです。用途は、手元の資料を見ながら、同時にパソコンのキーボードやモニター画面に視線を動かすといった、デスクワーク特有の眼の動きに適したレンズです。近用単焦点レンズの老眼鏡を着用されていて、「パソコン作業などのデスクワークが多く、目が疲れやすい」とお悩みの方は、近々レンズを使用した老眼鏡をお試しください。近用単焦点レンズと違い手元に奥行き感が生まれてモニターなどに近づいて見る仕草はなくなりますよ。

中近両用レンズ

お手元専用の老眼鏡より屋内の3~4メートル程度の範囲をカバーすることができるので「屋内用メガネ」「室内用メガネ」とも呼ばれています。用途は、室内でテレビを見る・掃除をする・料理をする、あるいはオフィスの会議室で資料を見ながらホワイトボードやプロジェクターを見る、またカラオケルームでモニター画像の歌詞を見るという視点の動きに対応出来るレンズですね。遠くを見るとき、また外出される時はメガネをはずすか遠近両用など別のメガネにかけかえる必要がありますが、室内にいる場合に遠方を見る必要性があるケースはあまりなく、メガネをかけかえる頻度は少なくてすむでしょう。

遠近両用レンズ

外室された際にメガネをかけ外しがいらないレンズ遠近両用レンズは、スポーツやドライブなどの遠方を見る時はもちろん、テレビを見たりパソコンや読書をしたりなど様々なシーンで対応出来ます。何より面倒なメガネのかけ外しが不要となります。ただし、レンズの上から下にかけて、遠用→中間→近用と度数が徐々に変化する仕組みとなっていて、視線の使い方に慣れるまでには少し時間がかかります。
また、近くを見る時の視野が狭いこと、レンズ下方を見る際に目や首の姿勢に無理が生じることから、読書やパソコンなど、近距離での長時間作業にはあまり適していません。最近では、遠近両用レンズの中でも、「中近重視タイプ」といって、読書やパソコンなど手元を見る時間の長い方向けのものも出てきています。このタイプの遠近両用では、従来の遠近両用よりも、手元の視野が広くなっています。
さらに、「遠用重視タイプ」といって、遠くの視界がよりワイドに見えて、ドライブに適したレンズもあります。ご自身のライフスタイルにあったものを選ぶ必要があります。

異なる距離が一つのメガネでみえる累進多焦点レンズ

近用単焦点レンズ以外の、これまでご紹介してきた近々レンズ、中近両用レンズ、遠近両用レンズはすべて「累進多焦点」のタイプのレンズになります。「境目のない遠近両用レンズ」とも言われています。
以前の境目のある「二重焦点」レンズと異なり、さまざまな距離に焦点が合う累進帯とよばれる中間の度数を持ち、この累進帯 が徐々に変化することで一つのメガネで遠くも近くも、また中間の距離も見える構造になっています。

自分にあった度数を選ぼう

既製老眼鏡の度数は+1.00から始まり、左右の度数は同じになります。正確に老眼鏡の測定行うと片眼が+1.00以下の場合もあります。以下は、年齢による老眼度数の目安です。進行度合いによって個人差がありますので、あくまでご参考となります。またその方が近視か遠視または乱視によって同じ年齢でも度数は異なります。

老眼の年齢別度数の目安表

40~45歳・・・+1.00 ~ +1.50

45~50歳・・・+1.50 ~ +2.00

50~55歳・・・+2.00 ~ +2.50

55~60歳・・・+2.50 ~ +3.00

メガネを購入するなら、正確に測ってから

どのタイプのレンズを選ぶ場合でも、ご自身のレンズ度数を把握しておくことが大切です。必ず眼科もしくはメガネ専門店で正確な数値を測定してもらいましょう。度数の合わない老眼鏡は、眼精疲労だけではなく、偏頭痛や肩こり、さらには腰痛に至るまで体のあちこちに症状を引き起こす場合があります。初めて購入を検討されている場合は、眼の病気による視力低下でないかのチェックと合わせて、眼科医の診断をお勧めいたします。また、右眼と左眼の度数が異なることもあります。その場合、既製品など左右の度数が同じメガネをかけていると、片方の目に負担がかかることになり、疲れ目や眼精疲労の原因となってしまいます。

まとめ

老眼の初期には手元用の単焦点の老眼鏡が1つあれば十分ですが、加齢とともに近くも遠くも見えづらくなりますので、仕事も趣味も快適に過ごすために、読書用の単焦点・中近用・遠近用と複数を使いこなすのがオススメのレンズ選びのなります。暮らしや仕事など、日々の利用シーンやライフスタイルなどの詳細をスタッフに伝えて、ご自身の視生活にマッチした老眼鏡を作るのが良いですね。

大阪老眼鏡専門店のミエルからサマーセールのご案内【フレーム最大100%off】

大阪の老眼鏡専門店ミエル(mieru)からサマーセールの案内です。大阪で老眼鏡をお探しの方はもちろんのこと遠視用のメガネや単焦点のメガネ、累進(遠近両用メガネ)も全てセール価格でご案内いたします。

フレームを50%~100%offで販売します。眼に優しいブルーライトカットとサングラスのレンズフェア。

この夏の太陽光による有害紫外線の防止対策やパソコンやスマホの眼精疲労の原因であるブルーライトの対策は万全でしょうか。

コチラのwebをご覧のお客様には5,000円の特別優待券もお付けいたします。

それでは大阪の老眼鏡専門店ミエルのサマーセールの内容をご紹介していきます。

※リンドバーグ(LINDBERG)のフレームはセール対象外です。

特典1 HOYAのレイガード435を無料オプションで贈呈

特典1 HOYAのレイガード435を無料オプションで贈呈

夏の日差しやパソコンのブルーライトを軽減する眼にやさしいメガネをしましょう‼

夏場は太陽光が発する有害紫外線が眼によくありません。

そしてさらにはパソコンやスマートホンのブルーライトは眼精疲労や眼病の原因ともいわれております。

夏場の日差しを避けて過ごすことも、スマホやパソコンをしないで過ごすことも

今の時代には避けて通ることはできません。

その二つの悩みを解決できる予防対策として

一石二鳥の万能なレンズがHOYAから開発されました。

その名も

HOYA レイガード435

大阪老眼鏡専門店ミエルでは6,000円のオプションを無料にてサービスいたします。

調光レンズも割引します‼

光の量で色が変わる調光レンズサンテックのオプション価格を16,000円から特別価格の8,000円にいたします。

色は全7色あります。

サンテック MISTY

サンテック ディープカラー

特典2 5,000円割引する特別優待券を進呈

メガネフレームとレンズをセットで一式ご購入いただくとさらに5,000円割引いたします。

ただしコチラのサイトの特別優待チケットをご提示ください。

プリントアウトでもスマホの画面をご提示していただいてもかまいません。

特典3 在庫フレームを50%~100%OFFにて販売

な、な、な、なんと当店にある在庫フレームをドーンと安くいたします。

50%OFFはもちろんのこと、

最大で100%OFFにいたします。

100%OFFって意味が分からないと思いの方、

もう在庫のフレームを一本プレゼントするってことです。

数に限りはございますので、お求めの方はお早めにご来店ください。

有名ブランドのフレームも多数取り揃えております。

※リンドバーグ(LINDBERG)フレームはセール対象外です。

店長の栗谷から一言

大阪老眼鏡専門店のミエルではこの夏は

見たい、見える、眼にやさしい

サマーセールを開催いたします。

HOYAのレイガード435は夏の日差しと

パソコンのブルーライトを軽減する2つの役割を果たす

とても便利なレンズです。

無料でオプション贈呈は他店ではないサービスですので

お試しください。

さらに5,000円の割引できる特別優待券や

フレームを50%~100%OFFにするフレームセールは

早いもの勝ちです。セールは6月1日~8月31日まで開催します。

ご来店の方はご予約いただければスムーズに対応いたします。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

老眼になってしまう仕組み教えます。

誰でもなる老眼!!

年齢を重ねると避けては行けない老化現象です。
体力の低下や、お肌のシワやシミ等、若い頃は・・・なんて事。
皆様が、順番に経験していく事ですね。

眼の老化現象である老眼です。

多くの方は40歳前後から気になり始めます。

眼が疲れやすく、小さな文字が霞んで見づらいといった、日常生活に支障をきたす老眼ですがどのような仕組みで起こるのでしょうか。

お手元などを見ようとすると、眼の中の水晶体が厚みを変化させてピント調整して見ています。

水晶体は年齢を重ねるごとに弾力性が弱くなり、硬くなってしまいます。

更に、水晶体を動かす筋肉も衰えきます。

若い頃は出来ていた事が出来なくなる老化現象、お手元などを見えていたのに見えなくなるのが老眼ですね。

老眼は年齢を重ねると誰でも起こります。

症状に個人差はありますが、避けて通れない老眼ですからやせ我慢しても辛いだけなのでお気軽にご相談ください。