老眼鏡でおしゃれに見えるフチなしは無いの?

おしゃれなフチナシ(リムレス)老眼鏡がありますよ。

最近の流行は、太いセルフレームや丸みのあるメタルフレームなどありますが、やはり目立たないスッキリした老眼鏡をお探しの方も多くいらっしゃいます。流行のデザインは、抵抗が方にはオシャレな縁無し老眼鏡をご紹介します。

フチナシ(ツーポイント)のメガネフレームとは

メガネでも最もフレーム面積が小さいフチナシは1980年代から90年代にかけて最も流行ったメガネのタイプです。
レンズ周りにフレームのないいわゆる縁なしメガネとなりますが、縁がないということで特定の印象を与えるフレームとなります。

フチナシフレームの与える印象とは?

  • シャープ
  • すっきり
  • 軽い
  • 自然で顔の印象を変えない
  • かっこいい
  • 厳しい

という印象となります。

もともとの自分の顔が好きで印象をメガネでなるべく変えたくないという場合にはこのおしゃれなフチナシがおすすめです。
また縁がないということで軽さやシャープさを与えることになり、悪く作用すればきつい、厳しいというような印象も持っています。

フチナシフレームのメリットとは?

  • フレーム面積が小さいので軽い
  • 縁がないので視界に縁が入らない
  • 縁がないのですっきりとした印象を与える
  • メガネによって顔の印象が変わる割合が小さい

といったものがありますよね。

フチナシフレームのデメリットとは?

  • 強度がフチの有るフレームに比べると、フチが無いためと弱い
  • フレームの寿命が短い
  • レンズに穴をあけるのでレンズが厚くなる場合がある
  • 度が強いと横から見たときにレンズの厚みが目立つ

といったものがありますよね。

ツーポイントをより似合うようにする方法

ツーポイントということで縁なしタイプといったフレームの形状とともに似合うメガネを選ぶにはいくつかの法則があります。

  • フレームの形と顔の形との法則
  • フレーム色の顔色との似合う関係

このようなところも押さえておくと似合うメガネにすることはそう難しくありませんね。

フチナシの老眼鏡は歪みやすいのか?

どうしても掛け外しの多い老眼鏡なので、レンズに穴を開けてネジなどで固定するフチナシはメタルフレームやセルフレームなどに比べて歪みやすいです。随時掛ける眼鏡に比べて、老眼鏡は掛け外しが多くて片手で外しがちですよね。
掛け外しの歪みが積み重なり、フレームが変形してしまって老眼鏡がズレている事により眼精疲労などを起こす場合があります。歪んでしまうのは、老眼鏡を使用される限りどうしても起こります。

優しく、丁寧にご使用下さい。

フチナシフレームのあるある

フチナシフレームは、直接穴をあけて、あけた穴にネジを入れてレンズとフレームを固定しています。構造上、数年使用しているとレンズの穴が広がりネジが緩んでしまい、フチナシフレームがガタガタしてきます。

どうしても、使用していると縁のあるフレームも縁のないフレームもガタガタしたり、歪んでしまいますので、メガネのクリーニングがてらに、大阪老眼鏡専門店 健眼眼鏡MIERUにお持ち下さい。日々の点検によって、より長くおしゃれなフチナシ老眼鏡をご使用してもらえます。

より歪みにくいお洒落な老眼鏡とは

大阪老眼鏡専門店 健眼眼鏡MIERUで取り扱いしているLINDBERG(リンドバーグ)メガネフレームがあります。
リムレスはデンマーク発の世界のアイウェアファンから愛されているスマートなメガネフレームです。
軽い・丈夫・スタイリッシュの三拍子を兼ね揃えた究極のフレームで常にシーンをリードしています。
クラシックな LINDBERG リムレスフレームのテンプルはチタンワイヤー製、チタンプレート製もしくはアセテート製と異なった3つの素材のテンプルをご用意しております。
また、当社独自の「組立構法」を活用することで形やカラー、サイズ、デザイン等、幅広い選択肢から、お気に入りの一本をおつくりすることができます。

尚、一番軽いフレームの重さはたった 1.9 と、超軽量を実現しています。
少々の歪みも耐えれるおしゃれなフチナシの老眼鏡ができます。

ガーデニングやカラオケは中近両用眼鏡がとても見やすい!!

室内用レンズの中近両用が評判がいいんですよ。

40歳前後になるとお手元が見づらくなるので老眼鏡や遠近両用を掛けられますが老眼鏡では、手元は見えるが少し離れた所や遠くが見えない事がありますね。
遠近両用眼鏡では、遠くは見えるが手元の見える範囲が狭いなどがありますが、眼鏡は万能ではありませんので、このような方には中近両用メガネがオススメなんです。

なぜ、中近レンズなのか

昔ほど、日常生活で遠くがしっかり見えないといけない時間は減って来ました。
お仕事・家事・趣味・ショッピングなど、室内で過ごす時間が多くなって来ています。

そうすると、パソコン画面を見たり、ガーデニングやカラオケやパチンコなどをなさる時にメガネの掛け外しが多くなりますが、ガーデニングでしたら、35cm~80cmぐらいです。カラオケなら35cm~2mぐらいになるので遠方部分を遠近両用より狭くして中間・近用部分を広くしている中近両用が快適にご使用出来ますね。

中近両用の設計とは

遠近両用の遠方が見える部分を減らして、中間・近用部分を広く設計されているので遠近両用よりお手元が広くて見やすく遠近両用ほど下目で見なくても近用部分が見える。
足元の違和感に関しても遠近両用ほど極端な揺れが無いため慣れやすい。

 

※中近両用も遠近両用も累進レンズの為、単焦点レンズ比べると独特の違和感はあります。

一般的なパソコンやモニター画面をみた時の眼精疲労について

  • 継続的に近くを見ることによる調整疲労
  • メガネなどの矯正視力による調整疲労
  • コントラストのちらつきからくる疲れ
  • 画面から発生する紫外線などからくる疲れ
  • 画面からの外光反射などからくる疲れ

対処方法は、画面などを見すぎて眼精疲労を起こさせないのが一番ですが、中々難しいので見たい物の、距離・高さなどを考慮して適切なレンズの度数の設定を行い環境に合わせた、レンズコーティングやカラーを選び対策するのが良いですね。

中近両用眼鏡を検討されている方やもうすでに使用中の方へ

長時間パソコンをされる方は、遠近両用よりも楽に見ることができますので眼精疲労も確実に低減します。
ご注意点としてはパソコン画面を見られるときはわずかですがあごを上げられるとより見やすくなりますね。
手元が遠近両用タイプよりもしっかり見えるので、良いことかわかりませんが長時間のデスクワークも快適になります。
メガネフレームの形状は、33mm以上あるものを選びましょう。

かけてすぐは遠近両用メガネとの見え方の違いが違和感のように瞬間感じますが、すぐに慣れます。
顔を真正面を見たまま動かさず、若干あごを上げたり引いたりさせることでレンズの焦点距離をご確認ください。
次に同じく顔を動かさず視線だけを上下左右移動させ自分が最も楽に使える感覚をおつかみください。
外出など部屋から出られる場合は、遠近両用タイプにかけかえる癖をつけましょう。
室内ではメガネたてのようなものがあると便利かもしれません。
中間よりも先が見えるからと言って、階段の昇り降りや車の運転・外出時には危険ですから使用しないでください。

まとめ

各レンズメーカーが中近両用だけでも、様々なレンズ設定がありますねので、店頭にてお客様のご希望をお聞かせ下さい。
お客様のご希望に合った設計を複数ご提案させて頂きます。

是非この機会に、大阪の老眼専門店、健眼眼鏡MIERU(ケンガンメガネミエル)の中近両用をお試しください。

老眼になってしまう仕組み教えます。

誰でもなる老眼!!

年齢を重ねると避けては行けない老化現象です。
体力の低下や、お肌のシワやシミ等、若い頃は・・・なんて事。
皆様が、順番に経験していく事ですね。

眼の老化現象である老眼です。

多くの方は40歳前後から気になり始めます。

眼が疲れやすく、小さな文字が霞んで見づらいといった、日常生活に支障をきたす老眼ですがどのような仕組みで起こるのでしょうか。

お手元などを見ようとすると、眼の中の水晶体が厚みを変化させてピント調整して見ています。

水晶体は年齢を重ねるごとに弾力性が弱くなり、硬くなってしまいます。

更に、水晶体を動かす筋肉も衰えきます。

若い頃は出来ていた事が出来なくなる老化現象、お手元などを見えていたのに見えなくなるのが老眼ですね。

老眼は年齢を重ねると誰でも起こります。

症状に個人差はありますが、避けて通れない老眼ですからやせ我慢しても辛いだけなのでお気軽にご相談ください。

 

初めての老眼鏡

老眼は避けては通れない目の老化現象でなんです。

昔は感じ無かった。疲れ目、かすみ目、頭痛、肩こり、夕方になるとものが見えにくくなる、細かい字が見えにくいなどの症状ありませんか?

それが、老眼というモノなんです。

なかなか認めたくない、老眼ですが誰もがなる症状です。

老眼をサポートする眼鏡が<老眼鏡>です。

最近では、老眼鏡もお洒落になり<シニアグラス><リーディンググラス>とも呼ばれております。

「見たい」が「見える」で、なくてはなりません。

適切な老眼鏡なら、老眼鏡が原因で老眼が進む事はありません。

100均やホームセンターなどで、度数が「+1.00」「+1.50」「+2.00」と書かれた既製老眼鏡が販売しております。既製老眼鏡はあくまでも一時凌ぎでの使用は構いませんが、左右の度数が同じ・眼と眼の距離が平均値で作られているので、長時間の使用は目が疲れてしまったり、さらに頭も痛くなります。

左目と右目が同じ視力ではないですし、乱視の方もいらっしゃいます。

長時間のパソコンでの作業、本を読む、細かい作業。

目的に合わせた検眼をして、自分に合った初めての老眼鏡を作るのが大切です。

そして、目の老化現象は10歳頃から始まり70歳頃まで進むといわれています。

老眼の症状が現れる40歳代近くまで、長い年月をかけて徐々に進むため気づきにくいですが、我慢することは、さらに目や体への負担となってしまいます。

 

あなたの用途に合わせた初めての老眼鏡をお作りましょう。


手元用の近々専用眼鏡から、中近専用、遠近両耳まであなたの使うシーンに合わせた眼鏡をお作りいたします。

「見たい」が「見える」大阪老眼鏡専門店 健眼眼鏡「MIERU」